シーバー病が改善しても身長伸びる!

シーバー病・セーバー病は踵の成長痛と言われています。

そのため
「シーバー病が良くなっても身長が伸びる?」
と質問される事があります。

結論は改善後も身長は伸びる。

成長期は、どれだけ身長が伸びるのか気になりますよね。

①身長が伸びるのに重要な「成長軟骨」とシーバー病・セーバー病の関係
②シーバー病・セーバー病=成長痛という間違った認識
③骨の成長スピードと筋肉の成長スピードの違い
④身長が急激に伸びた時期にシーバー病・セーバー病になった
⑤病院や整骨院で身長が伸びるまで我慢と言われた

1つずつ説明していきます。

シーバー病はオーバーユース(使い過ぎ)

シーバー病・セーバー病オーバーユースによるスポーツ障害です。
オーバー(過ぎる)ユース(使う)とは言葉の通り身体を使い過ぎという意味。

①同じ運動を繰り返す
②同じ箇所にストレスがかかる
③ストレスが続き炎症が起こる

シーバー病・セーバー病は走る事で踵にストレスがかかり続けて炎症が起こり痛みが出ます。

シーバー病・セーバー病以外では、膝のオスグッド病も同じ。
オスグッド病も使い過ぎによるスポーツ障害。
負担がかかった場所が、踵か膝化の違いなだけです。

①身長が伸びる仕組みと「成長軟骨」とシーバー病の関係

身長が伸びるとは骨が伸びる事です。
では、骨はどのように伸びるのでしょうか?

骨の長さは全体が均等に伸びるわけではありません。
骨の端の一部分が伸びて、長くなっていきます。

伸びる部分とは、まだ成長途中なので完全な骨ほど硬くありません。
少し軟らかい軟骨です
成長途中の軟骨なので、成長軟骨」と言います。

成長軟骨 骨端線

レントゲンでは、骨は白く写ります
しかし軟骨は白く写りません。

そため、成長軟骨部分は黒い線の様に写ります。
端の黒いから「骨端線」とも呼ばれます。
厳密に言うと、成長軟骨と骨端線は違います。
ただ、ほぼ同じと考えて問題ありません。

これからも身長が伸びるか?
実はレントゲンでも判断可能です。
判断基準は、骨端線です。

子供は成長軟骨の黒い部分が大きい。
レントゲンでは黒く太く写り、白い骨との間が開いた様に見えます。
このため骨端線が開いていると言います。
この時期は、成長軟骨が活発に伸びている状態です。
つまり、身長が伸びる時期です。

成長期が終わると成長軟骨は役割を終えます
少しずつ硬く頑丈な完全な骨に置き換わっていきます。
これはレントゲンでも確認出来ます。

黒く写っていた成長軟骨(骨端線)が完全な白い大人の骨として写ります。
大人の骨に置き換わる時期は黒い骨端線が徐々に細くなって閉じていく様に見えます。
完全に置き換わった状態が骨端線が閉じた状態です。

大人の骨に置き換わったとは、これ以上身長が伸びないという事です。

足のレントゲン

成長軟骨とシーバー病

シーバー病・セーバー病

シーバー病・セーバー病は踵が痛いのが特徴です。

一般的な説明では、アキレス腱の筋肉が運動し過ぎて硬く縮む。
そのため、筋肉の付け根部分の踵の骨が引っ張られて痛みが出る。

この説明で終わっています。
でも、これだけでは説明不足なんです。

なぜなら、大人も運動し過ぎると同じように引っ張られ続けるからです。

なぜ、子供だけがシーバー病・セーバー病になるのか?
答えは、成長軟骨の存在です。

成長「軟骨」と言うだけに、軟らかくモロイ骨です
引っ張られ続けると、モロイから剥がれてしまう

大人の骨は硬い骨に置き換わっています。
筋肉に引っ張られる程度では剥がれません
ただ踵が痛いだけです。

シーバー病・セーバ病は身長が伸びる基の成長軟骨がある子供だけに起こります。
大人は身長が伸びる基の成長軟骨が無く硬い骨だから剥がれるようなことはありません。

これが伝言ゲームで
シーバー病・セーバー病は身長が伸びない大人はならない。
→シーバー病・セーバー病は身長が伸びない。
→シーバー病・セーバー病は改善すると身長が伸びない。

と広がっていったのでしょう。

シーバー病=成長痛という間違った認識

シーバー病・セーバー病は踵の成長痛。
このような認識が一般的です。

当HPでも「踵の成長痛」と検索される方が多いです。
そのため、当HPでもその様な表現もしていますが…。

ただし、シーバー病・セーバー病と成長痛は全く違います。

一番の違いは、シーバー病・セーバー病は運動による踵の酷使で運動時等に痛みます。
成長痛は、原因不明で運動もしていない夜に痛みが出ます。

シーバー病・セーバー病と成長痛の違いの詳細はこちらをクリック
オスグッドとの違いですが、内容は同じです。

③骨と筋肉の成長スピードの違い

身長が一気に伸びる時期にシーバー病・セーバー病になることもあります。
それにより、骨の長さが一気に伸びたけど、筋肉の長さが骨の長さに追いついていない。

これも要因の1つとしてはあるでしょう。
でも、大きな要因では無い
一番は運動のし過ぎによる踵の使い過ぎ(オーバーユース)。

その理由は、施術で痛みは改善するからです。

僕が施術しても筋肉の長さは伸びるわけではありません。
縮んだ筋肉を施術で緩めて正常の長さに戻しただけ。
縮んでいたから、伸びたとも表現出来なくは無いですけど。

骨の成長スピードに筋肉の成長スピードが追いついていない。
なら、正常の長さに戻したところで筋肉の長さは足りないはずですよね。
施術をしても筋肉の長さは変わらないので痛みの改善は無理なはずです。

施術でシーバー病・セーバー病の痛みが改善してる!
という事実から、骨の長さが…という理由は小さいでしょう。

④身長が急激に伸びた時期にシーバー病になった

身長が急激に伸びた時期にシーバー病・セーバー病になった。
だから、シーバー病・セーバー病はが改善するのは反対の身長が止まった時?
という考えになるのでしょうか?

シーバー病・セーバー病は成長軟骨がある成長期にしか起きません。
つまり、身長が伸びる時期にシーバー病・セーバー病になりやすいだけです。

当院には、身長がの伸びる時期でもないのにシーバー病・セーバー病になった子供も多数来院しています。
身長が急激に伸びる時期と一致しやすいだけです。

それと、身長が止まらないと改善しないは別の話なので安心して下さい。

⑤病院で成長が止まるまで我慢と言われた

これが一番大きな理由かなと思います。

病院の先生に言われたら信用してしまいますよね。
整体師と病院の先生では信頼度は月とスッポン?

HPやYoutubeでも病院の先生がその様に解説しているものもあります。

ただし、これは改善出来ないための言い訳だと思っています。
病病ではシーバー病・セーバー病を改善出来るところが少ないのが現実です。

しっかり改善できるところは、この様な事は言いません
施術がしっかり出来れば身長が伸び続けても改善するからです。

もし、この様な事を言われたら、違うところを探すようにして下さいね。

身長は伸びるから安心して改善へ

ここまで読んでいただいたら、身長が伸びると安心出来ましたよね。

シーバー病・セーバー病を改善出来るところは、残念ながら少ないのが現実です。
そのため、成長期だから我慢しよう。
みたいなよくわからない説明をされてしまいます。

でも、当院みたいにしっかり改善出来るところはあります。

シーバー病・セーバー病は正しい施術すれば改善するので諦めないで下さいね。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院