頚椎ヘルニア症状ページ 一般的な施術でなぜ改善しない

一般的な施術で頚椎ヘルニアが改善しない理由

頚椎ヘルニア 頚椎 胸椎 腰椎 頚部湾曲 胸部湾曲 腰部湾曲

頚椎は背骨の一番上にあり、その上には重たい頭があります。

腰椎・胸椎が硬くなると、上部の頚椎の動きも硬くなり負担が増えます。

 

頚椎の負担が椎間板に伝わり、椎間板が耐え切れず潰れてしまったのが頚椎ヘルニアです。

頚椎ヘルニアは首が原因では無く、首に負担をかけている胸椎・腰椎の硬さも関係しています。

首だけの施術で改善しない理由はここにあります。

頚椎への負担は姿勢から

首の角度による頚椎への負担

図のように姿勢が悪くなると首への負担が増加します。

この負担が積み重なり、頚椎ヘルニアへと悪化します。

姿勢の崩れ 首の負担が集中 椎間板圧迫 髄核が

頚椎ヘルニアは下記の流れて起こります。

 

①生活・加齢・スポーツ等により筋肉が硬くなり姿勢が崩れる。

②首に負担が集中して首の筋肉が硬くなる。

③首が動きにくくなる事で椎間板が圧迫されて変形する。

④変形により髄核が椎間板から飛び出す。

 

一般の施術は②~③でしか考えていません。

結果的に首への負担が増大しているため、首への負担を減らす身体にする事が重要です。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院

〒569-1123大阪府高槻市芥川町1丁目15-23 ヨシタケビル413号室