ばね指症状ページ ばね指とは

ばね指とは

ばね指

指が硬くなって動かしづらいけど、これが「ばね指」?

ばね指は聞いた事はあるけど、周囲になった人が少ないためよくわからない方も多いです。

そこで、簡単にばね指とは何なのかを説明していきます。

ばね指と腱鞘炎の違い

腱鞘炎

指が痛い・動かしにくい症状で「腱鞘炎」があります。

実際に、腱鞘炎かばね指かわからないけど手が痛むという方も来られます。

 

腱鞘炎とは主に親指が痛くなる症状です。

図のように親指を伸ばす筋肉が動きにくくなって痛みが出ます。

腱鞘炎という名前は、筋肉の端の腱を通すトンネルである腱鞘炎症を起こしているという意味で親指以外でも起こります。

 

ばね指も同じく腱鞘に炎症が起きています。

つまり、ばね指とは腱鞘炎の中の一種類です。

指の腱鞘炎が悪化してばね指になり、指に引っかかり感があるのが特徴です。

ばね指とは

ばね指 屈筋腱症

手には指を曲げる多くの筋肉があり「〜屈筋」と呼ばれています

この筋肉が絡まったり筋肉同士が擦れないように、筋肉の端の腱が保護されています。

刀を収める鞘(さや)の役割のため、腱鞘(けんしょう)と呼ばれます。

ばね指 腱鞘 肥厚

正常であれば、腱鞘の中を腱はスムーズに動きます

 

しかし、使い過ぎ等により腱鞘が肥厚したり、腱が炎症を起こしてスムーズに動かなくなります。

そのため、指を伸ばそうとしても引っかって止まってしまいます。

 

屈筋腱鞘の引っかかり部分を通過すると、引っかっていた指に勢いがつきばねのように伸びます。

この勢いよく伸びる様子から「ばね指」と言われています。

一般的な病院での処置

ばね指 腱鞘炎 

ばね指の一般的な病院での処置は腱鞘炎と同じです。

 

安静・ステロイド注射・手術の3つになります。

一般的な整骨院での施術

手 指 マッサージ

整骨院では手や指の筋肉が疲れて硬くなっているため、電気を当てたりマッサージをしたりするのが一般的です。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院

〒569-1123大阪府高槻市芥川町1丁目15-23 ヨシタケビル413号室