捻挫症状ページ 捻挫とは

捻挫とは

捻挫

捻挫とは、関節が捻られる等の力が働いたなかで骨折や脱臼等の骨ではなく、靭帯や腱と呼ばれる軟部組織の怪我です。

 

捻挫は足首に多く起こります。

1~2ヶ月くらいで痛みも無くなり、日常生活やスポーツでも気にならなくなる事がほとんです。

骨折や脱臼と比較すると軽傷と考えて、適切な処置を怠ったり早期に練習をしたりして、他の怪我に繋がることも多いので注意が必要です。

一般的な捻挫の処置とは

アイシング 捻挫

捻挫で整形外科や整骨院に行くと、RICE処置が行われます。

RICEとはそれぞれの処置の頭文字です。

 

R(Rest)安静

I(Ice)冷やす

C(Compression)圧迫

E(Elevation)挙上

 

捻挫直後は、動かさず氷のう等を包帯で圧迫して、心臓よりも高く挙げておく。

あとは、包帯やテーピングで固定して安静にして過ごす。

 

電気を当てる等の違いはありますが多くが上記の処置になります。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院

〒569-1123大阪府高槻市芥川町1丁目15-23 ヨシタケビル413号室