腰椎ヘルニア症状ページ 一般的な施術

腰椎椎間板ヘルニアの一般的な施術とは

腰 マッサージ

腰椎椎間板ヘルニアの一般的な施術は腰や足へのマッサージやストレッチです。

これでは、痛みがある部分への対処療法にしかなりません。

 

神経ブロック注射では、痛みは一時的に軽減されます

しかし、神経を麻痺させているだけなので、切れると痛みは戻ります。

 

手術で飛び出している髄核を切除しても、再発すると聞かれた事はありませんか?

髄核が飛び出したのは結果でしかありません。

飛び出した髄核を施術するのではなく、飛び出した原因を改善することが重要です。

手術しても再発する理由とは

腰椎椎間板ヘルニアは手術しても再発する可能性があります。

 

手術は椎間板から飛び出した髄核を切除していきます。

しかし、髄核が飛び出したのは、結果でしかありません。

原因を改善しない事には、また飛び出す可能性があります。

 

再発予防には、姿勢による椎間板への負担を知ることが大事です。

腰椎椎間板ヘルニア 椎間板内圧の変化

立っている姿勢を100%と計算した、椎間板にかかる圧力の表になります。

 

おじぎ姿勢は、立位・座位ともに椎間板の負担が大きくなります。

おじぎ姿勢とは、猫背です。

 

椎間板への負担は姿勢が大きく影響してきます。

手術しても、姿勢が改善しなければ椎間板への負担はかかり続けます。

負担が限界に達して、腰椎椎間板ヘルニアが再発してしまいます。

 

普通に生活していても図のように椎間板に負担がかかります。

スポーツはさらに負担が増し椎間板ヘルニアになりやすいのです。