野球肘症状ページ 野球肘の本当の原因

野球肘に本当の原因とは

肘の曲げ伸ばしやボールを投げる動作で痛むため、肘が原因と考えてしまいます。

しかし、その考えが間違っています。

 

結果として、肘に負担がかかり過ぎて痛みが出ているだけです。

原因は肘に負担をかけ過ぎている他の箇所にあります。

野球肘と手の関係

浅指屈筋

野球肘が悪化すると、強くボールを握るだけでも肘に痛みが出たりします。

これは、上図のように握る筋肉(浅指屈筋)が肘から指まであるためです。

 

手から肘に繋がっている筋肉は浅指屈筋以外にもあります。

手の筋肉が疲れて硬くなると、投球時に強く握る事で肘に負担をかけていきます。

 

このように、野球肘でも手の問題があることが多いです。

強く握って肘に痛みが無い場合も、握力が弱くなっている事がほとんどです。

野球肘と肩の関係

上腕二頭筋 野球肘

ボールを投げるには肩の動きが重要です。

肩の動きで重要なのは肩甲骨のスムーズな動き。

 

力こぶの筋肉(上腕二頭筋)は肩甲骨の前面から肘を通り越して付いています。

肩の動きが悪化すると、上腕二頭筋等が硬くなり肘周辺を引っ張ってストレスを与えていきます。

野球肘と全身の連動性

肘と手・肩は近いため関連があると想像しやすいと思います。

さらに考えを深めると、全身に広がっていきます。

 

肩甲骨の動きが悪い原因が肋骨にあり…。

肋骨の動きの原因が骨盤にあり…。

 

投球で足の位置が変わるだけで上手に投げられなという事は、足の問題もあるというところまで広がっていきます。

なぜ肘に異常が無いのに痛むのか

医者 原因不明

当院に来られる前に整形外科で「肘に異常無し」と言われたという方も多いです。

 

肘に異常が無いのに、なぜ痛むのか?

それは上述したように肘に問題がなく他の場所からの影響で肘に痛みが出ているからです。

 

整形外科でしっかり検査した結果が、肘に異常無しであれば野球肘は肘が原因では無いのです。

 

野球肘の原因は、手、肩、腰、下半身等に散らばっているのです。