野球肘症状ページ 一般的な施術方法

野球肘の一般的な施術とは

野球肘 電気

  • 肘に電気をあてる
  • 肘周辺のマッサージ・ストレッチ
  • 肘のアイシング
  • 練習を休んで安静

ボールを投げていると肘が痛くなり練習後に氷でアイシング

 

改善しないので、整形外科でレントゲンを撮ったら異常なし。

整形外科では何もしてくれないので、整骨院に通う。

 

整骨院では、肘に電気をあてた後に、肘周辺のマッサージ・ストレッチ

それでも肘の痛みが改善しないため、練習を1ヶ月休む

練習を再開すると同じ痛みがある。

 

一般的な施術では痛みがある肘周辺の施術だけです。

軽度の野球肘は改善可能でも、痛みが強くなれば改善が難しくなってきます。