脊柱管狭窄症症状ページ 一般的な施術

脊柱管狭窄症の一般的な施術とは

  • コルセット・サポーターで安静
  • 腰や脚のマッサージ・ストレッチ
  • シップ・痛み止め薬

コルセット・サポーター

コルセット

腰が痛むからコルセットを一日中着用する。

痛みがマシになるかもしれませんが、これでは悪化させる可能性があります。

理由は簡単で筋肉が弱くなるから。

 

腕にギブスを巻いた後に、外すと細くなっているのと同じです。

筋肉が弱ると姿勢を保てないため、脊柱管狭窄症の症状が悪化してしまいます。

 

腰に負担がかかる動作時、痛みがキツイ時だけ使用するようにして下さい。

マッサージ・ストレッチ

マッサージ

脊柱管狭窄症で痛み・しびれがある腰や脚のマッサージ。

整体院や整骨院で多い施術です。

 

腰や脚に痛み・しびれがあっても、そこが原因ではありません。

筋肉は全身がつながっており、痛みや・しびれの原因を探さなければいけません。

痛み止め・シップ

注射

痛み止め薬・注射等で、脊柱管狭窄症の痛み・しびれは緩和します。

しかし、改善したわけではありません。

感覚神経がマヒして、痛み・しびれを感じないだけです。

 

痛みを感じなければ動かし過ぎて、悪化させる可能性もあります。

痛みをゴマかすのでは無く、しっかりと改善させる事が大事です。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院

〒569-1123大阪府高槻市芥川町1丁目15-23 ヨシタケビル413号室