足底筋膜炎症状ページ 一般的な施術法

足底筋膜炎の一般的な処置

  • アイシング・シップ
  • 低周波等の電気・マッサージ・ストレッチ
  • テーピング

整形外科や整骨院での足底筋膜炎での処置は上記がほとんです。

これらは、一時的に楽になりますが改善までは難しいです。

アイシング

アイシング

足底筋膜炎の改善には、硬くなった足底筋膜を緩める事が必要です。

身体は冷やすと、緩まず硬くなります。

痛みが治まるのは、冷たくて感覚がマヒしてくるからです。

 

改善には血流促進が必要ですが、筋肉が硬くなると血流は低下します。

血流低下により栄養素が届かず、筋肉修復の細胞活動が活発に行われません。

電気・マッサージ・ストレッチ

足底 マッサージ

整骨院では定番の施術です。

 

足底筋膜炎に限らず、痛みは筋肉に炎症がおきて感じます。

その筋肉に、マッサージ等で刺激を与えると気持ちよく感じます。

しかし、炎症部分を刺激すると、さらに筋肉が傷つく可能性があります。

 

マッサージで強く押してもらうのが好きな方は、悪化させる可能性があります。

テーピング

テーピング 足底筋膜炎

ここで言うテーピングは固定用のホワイトテーピングです。
伸縮性のあるキネシオテーピングは含まれません。

 

テーピングは痛みを軽減できたり、筋肉への負担が減る等の効果があります。

これは、試合等の一時的に動けるようにする為には有用です。

 

しかし、改善したと勘違いして動かし過ぎて悪化させる可能性があります。

根本的には改善されていないので、テーピングを外すと痛みは元通りです。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院

〒569-1123大阪府高槻市芥川町1丁目15-23 ヨシタケビル413号室