足底筋膜炎症状ページ 足底筋膜炎とは

足底筋膜炎とは

足底筋膜炎 足底筋膜とは腱のような薄い膜 足底腱膜 踵骨 筋肉

足底筋膜炎とは、足底筋膜が炎症を起こし、かかとが痛む症状です。

ランナーに多いですが、立ち仕事の方でも痛みが出ます。

 

足底筋膜とは、広く薄い腱で、踵から足指の骨についています。

 

筋肉は正常であれば、伸び縮みをスムーズに行って身体を動かしています。

しかし、炎症時は伸びずに縮んだ状態硬くなっています。。

足底筋膜炎 アーチ

足は図のように、足底アーチを形成しています。

足底アーチを弓の弦のようにピンと張って支えているのが足底筋膜です。

 

歩く・走る・ジャンプ時には身体を支えている足底に衝撃が加わります。

ここで、足底アーチが潰れる事で衝撃が吸収されます。

 

外反母趾等で足底アーチが最初から崩れた状態では、足底筋膜は引き伸ばされてダメージを受けます。

その時に踵や指の付け根辺りが引っ張られて、筋肉の微細断裂等が起き痛みが出てしまいます。

 

偏平足や外反母趾等の下記の症状がある方は、足底アーチが崩れて足底筋膜炎になる可能性が高いのです。

モートン病 外反母趾 足底筋膜炎 偏平足 

足底筋膜炎が悪化すると

足底筋膜 骨棘

足底筋膜炎が悪化すると踵骨棘(しょうこつきょく)」が発生します。

 

踵骨棘とは、踵(かかと)に本来は無い棘(トゲ)の事です。

踵骨棘があっても諦めないで下さい。

 

棘があっても足底筋膜炎の痛みが改善された方は多数おられます。

踵骨棘はこのように発生します。

  1. 足底筋膜が硬くなり踵の骨を継続的気に引っ張り続る。
  2. 踵の骨が、足底筋膜の負担を減らそう考える。
  3. 骨を少し伸ばして、足底筋膜の張力を軽減する。
  4. 骨が伸びて踵骨棘となる。

 

棘も足底筋膜が硬くなり骨を引っ張り続けて発生します。

つまり、足底筋膜が緩めば痛みも改善されます