シーバー病症状ページ 成長痛とは

成長痛とは?

サッカー

シーバー病(セーバー病)とは、踵の成長痛と言われています。

成長痛は膝が痛くなる、オスグッド病が代表的です。

そのため、

 

成長痛=膝の痛み(オスグッド病)

 

と思われている方が多いです。

しかし、成長痛とは成長期に痛くなる症状です。

どこが痛くなるかは人それぞれです。

 

成長期に関わらず、走る・ジャンプ等の動作は膝への負担が大きいため膝を痛めやすいです。

成長期も同様にスポーツの負担がかかり、膝が痛くなります。

 

走る等の身体の使い方により、かかとへの負担が大きくなる場合もあります。

そのかかとの痛みシーバー(セーバー)病と呼ばれています。

シーバー病とは?

かかと 踵 シーバー

成長期の子供は骨が成長段階であり、骨の端に「成長軟骨」と呼ばれる軟骨部分があります。

 

同じ動作を繰り返す事で、「成長軟骨」が筋肉からのストレスにより炎症が起きるものを「骨端症」と言います。

このうち、かかとにでるものを「踵骨骨端症」と言い、別名がシーバー病(セーバー病)となります。

 

主な症状はかかとの痛みと腫れですが、骨の変形が起こる場合もあります。

成長痛(シーバー病)は改善可能な症状です

かかと 踵

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

 

【かかとが痛くて出来なかった屈伸も楽に出来る!】

 

成長痛とは、骨が急激に伸びている痛みだから仕方が無い。

と誤解していませんか?

実際、ほとんどの整形外科や整骨院では、そのように伝えています。

処置としては安静・シップ・我慢等です。

 

成長痛の多くはスポーツを頑張っている子供に起こります。

スポーツのやり過ぎ(オーバーユース)により、筋肉に負担がかかり硬くなってしまいます。

成長期は骨も未成熟のため、硬くなった筋肉に骨が引っ張られて痛みが発生します。

 

シーバー病(セーバー病)等の成長痛を改善に向かわせるには、硬くなった筋肉を緩める事が必要なのです。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院

〒569-1123大阪府高槻市芥川町1丁目15-23 ヨシタケビル413号室