足底筋膜炎症状ページ 施術の考え方

足底筋膜炎の原因は?

足底が痛むから、痛い足底だけを施術していては改善しません。

 

これが理解出来ていないので他院で足底筋膜炎は改善しません。

下の理由を覚えて下さい。

 

足底筋膜炎の原因は足底には無い

痛みがある足底に原因はありません。

足だけを施術しても改善しない理由はここです。

 

身体は全身が繋がっています。

全身の負担が、足底に集中することで足底筋膜炎となります。

足底筋膜炎は膝・股関節が原因の可能性も

ランニング

足底筋膜炎はランナーに多い症状です。

そこで、ランニングの状況から足底筋膜炎を考えてみます。

 

走る時に動く大きな関節は、股関節・膝関節・足関節です。

この3つの関節がスムーズに動く事が大事。

 

例えば、股関節の動きが硬くなったとしたら・・。

股関節がすべき働きを、膝関節・足関節が補うことになります。

足関節の負担が増加して硬くなり、足底筋膜の硬さに繋がり足底筋膜炎へ・・。

かかとの痛み

足底筋膜炎は姿勢が原因の場合も

猫背

猫背等の姿勢の崩れが、足底筋膜炎の原因の場合もあります。

姿勢が悪いと、足底の重心がかかる位置が違ってきます。

 

位置が違えば、足底の筋肉が頑張って身体を支える必要があります。

その負担が続く事で、足底筋膜が疲れて硬くなります。

硬くなって炎症が起こり、足底に痛みが発生して足底筋膜炎となります。

 

ここでは、姿勢から改善させる必要があります。

その姿勢の崩れが、肋骨・骨盤等のどこから来ているのか?

そこを探しながら、施術する必要があります。

良姿勢

足底筋膜炎を改善させる施術とは

上記の事から足底筋膜炎は足の施術だけでは改善しないのです。

 

足底筋膜炎は、身体のどこが負担をかけているのか?

全身の筋肉の繋がりを考えて施術。

姿勢の改善も含めて施術していかなければ改善しません。

 

当院は全身施術が基本。

特に硬い場所を検査して特定し、改善させていきます。

 

その場の気持ち良いだけの施術ではありません。

徹底的に改善を目指した施術で、足底筋膜炎を改善させていきます。