症例 膝痛02 40代 女性 バレーボール

症例2 40代 女性 バレーボール

来院 2016年7月

症状 左膝の半月板損傷

学生時代の半月板損傷

3年前から左膝の痛みが出現。

既往歴として、大学時にバスケットボールで、左膝の半月板損傷(詳しい事は覚えていない)。

元々、違和感や軽い痛みはあったが、3年前から飲食店で週3日4~5時間のパート、週1回ママさんバレーを始めたことにより痛みが強くなった。

2年前から近所の整骨院で電気・マッサージを受けていたが改善せず、徐々に痛みが強くなる。

日常生活やパートでは、立ち上がる時・歩き始め・歩行時の方向転換で痛みが強い。

ママさんバレーでは、ジャンプの着地時、強く左足を踏み出した時が特に痛む。

施術内容

右股関節・左足首に硬さあり。

胸椎の伸展に硬さがあり、両肩とも硬い。

左膝の痛みから、右脚の負担が増え右股関節に硬さが出現。

右股関節の硬さが、骨盤全体の動きを硬くして左膝痛の要因となったいた。

また、胸椎の伸展が硬くなることで前重心になり、膝を開いたりしてバランスを取ることで負担をかける。

全身基礎調整後に、右股関節・左足首を調整し下肢の左膝に負担をかける要因を改善。

両手首、右肘を調整し胸椎伸展を改善。

週1回来院。

初回~4回は、痛みの軽減は無かったが、足が軽く感じたり、歩幅が広がったのを実感。

5回目以降から、徐々に痛みが軽減。

2ヶ月後には、無理をすると痛みが出るときもあるが、強い痛みはほぼ消失。

考察

半月板損傷と解剖学的問題があるが、膝に負担をかけない身体にすれば痛みが軽減される。

損傷している半月板を元の状態に戻すことは出来ないが、身体のどこが膝に負担をかけているのかを読み解くのがポイントである。

膝の痛みでも、今回のように上半身問題が要因になっていることも多い。

その複数の要因が改善されれば、今回であれば肩が動かしやすくなりスパイクが楽に打てるようになったりと、主訴の改善以外でも効果が出る。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院

〒569-1123大阪府高槻市芥川町1丁目15-23 ヨシタケビル413号室