症例 膝痛01 40代 男性 マラソン

症例1 40代 男性 マラソン

来院 2016年7月

症状 右膝外側の痛み

長距離走 ひざ外側痛

半年前から長距離走を始めてから、右膝外側痛が出現した。

週3日ランで土日は20km~30km走り、1ヶ月約100km。

10kmでは痛みは無いが15km以上走ると右膝外側が痛くなる。

そのうち改善するだろうと走り続けていたが、改善しないため来院。

施術内容

右膝以外に、両肩、左股関節、左足関節に硬さあり。

右膝に負担がかかり、痛みが出現しているが、下半身で硬さがあるのは左。

左脚がスムーズに動かず、反対側の右膝に負担が集中している状態である。

肩の動きも硬さがあり、走行時に腕を前後にスムーズに振れないため腰が過剰に回旋している可能性がある。

全身調整後に、両肩と左股間節・左足関節を調整して右膝にかかる負担を軽減させる。

初回から3週間後に2回目。

初回施術後は、15km以上走った時の痛みはまだ残るが改善されている。

2回施術で、痛みなく走れるように改善。

考察

15km以上走って痛みが出現していたのは膝が悪いのではなく、肩や反対側の脚の硬さがあったからである。

肩⇒腰⇒右膝

左股関節⇒右股関節⇒右膝

このように負担が右膝に集中していた。

右膝に直接かかる負担ではないため、痛みが出現するまでには余裕があり、その境界線が15kmだったのであろう。

長距離走を続けると、軽微な負担がかかり続けて症状が出現する例である。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院

〒569-1123大阪府高槻市芥川町1丁目15-23 ヨシタケビル413号室