症例 肩こり02 30代男 ゴルフ肩

症例2 30代 男性 ゴルフ肩

来院 2016年8月

症状 バックスイング時の右肩の痛み

ゴルフスイング時右肩痛

ゴルフ歴は約10年。

週1回は打ちっぱなしに行き、月2回ほどラウンド。

約1年前から、スイング時右肩に違和感があり、3か月前からバックスイング時に痛みが出るようになった。

最近は日常生活でも、肩を急に動かしたときに痛む時がある。

仕事はデスクワークがメインで、就職してから慢性的な肩こり。

施術内容

右肩の可動域が狭く、首の左右回旋も狭い。

自覚は無いが腰の左右回旋も狭い。

左膝の脛腓関節が硬くなっていたため、基礎調整後に左脛腓関節を調整すると腰の回旋が左は改善され、腰椎伸展も動きやすくなった。

腰が動き出したため、右肩の可動域が改善され、首の回旋もスムーズになった。

週1回来院で3回施術後には、バックスイング時の痛みは消失。

6回終了後には、違和感も軽減。

自覚の無かった腰が回転しやすくなり、スイングが楽になった。

考察

右肩が痛くなった要因としては、

慢性的な肩こりで可動域が狭くなっていた。

首の回旋も硬く、スイング時に頭が固定できずブレている。

左膝の硬さ➡腰の回転不足➡右肩の過剰な負担

などの様々な要因が重なり、スイングを繰り返す事で右肩に痛みが出現。

今回は特に左膝の調整がポイントであった。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院

〒569-1123大阪府高槻市芥川町1丁目15-23 ヨシタケビル413号室