症例 頭痛02 30代 ネイリスト

症例2 30代 女性 ネイリスト

来院 2016年8月

症状 肩こりからの右側頭部痛

肩こり 右側頭部痛

社会人になってから肩こり。

20代はデスクワークのOL。

ネイリストは約5年前から。

デスクワークの時は肩こりだけで頭痛までは無かったが、転職してから肩こりがキツくなり頭痛まで出現。

頭痛は仕事中もあるが、起床時もキツイ。

最初の頃は、前頭部全体にモヤっと痛かったが、1年前からは右側頭部だけがキリキリと痛む。

月1~2回は、頭痛がキツくて吐き気もあり。

来院時は、生理痛もあり。

細かい作業なので眼精疲労もあり。

施術内容

下を向いての仕事のため、頚椎の前弯が減少し、立位・座位ともに頭が前に出ている状態。

このため、両肩とも硬くなり、自覚は無いが腰椎の伸展も硬い。

足を組むクセがあり、左股関節も硬くなっている。

生理痛で腹部のハリ強い。

頭蓋骨の中でも、左側頭骨・蝶形骨に硬さ有り。

全身基礎調整後に、手首・指を調整し肩の動きを改善。

股関節を調整し、腰椎伸展を改善。

股関節・腰が改善したため、腹部のハリも緩む。

頭はまだ前にあるため、胸鎖関節を調整するとすこし後ろに戻る。

最後に、頭蓋骨を調整すると、目が開きやすくなり、頭の中がスッキリした感じになる。

初回施術で、頭痛は消失したが、3日後に徐々に頭痛が出現。

現在は月に1~2回来院。

考察

今回の頭痛の大きな要因は仕事での肩こり。

また、生理痛はいつもキツイため、この要因も大きいと考えられる。

自覚している人が少ないが、頭痛と生理周期の関係は深い。

頭痛も肩だけでなく、全身の要因が大きく関連してくる。

肩や頭だけでなく問診時に、患者の状態をしっかりと把握することが重要である。