症例 野球水泳肩01 高校野球

症例1 高校生 野球肩

来院 2016年6月

症状 右野球肩

3ヶ月前からの野球肩

3ヶ月前から右肩の痛みあり。
高校の野球部で、練習は毎日。
最初は遠投や、全力投球時で少し違和感があるぐらい。
そのうち改善すると考え練習を続けていると、2ヶ月前から軽く投げるだけでも痛みがでるようになった。

近所の整骨院で、電気・マッサージなどを受けるも改善せず。

施術内容

右肩の外転・伸展で硬さがあるが、本人に自覚なし。
首も、屈曲状態で左に回すと痛みがあり。
腰の回旋も硬さあり。

右肩には、腰・首の影響が強く出ている。

全身の基礎施術後に、腰は右股関節・首は肋骨の調整で改善。
腰・首が改善されると、右肩の可動域も改善。

初回施術から、1週間後の来院時には、初回よりもマシだが右肩の硬さが戻る。

施術後の練習は痛みがキツくなる遠投は控え、軽いキャッチボールのみ。
週1回の施術を続けていくと、3回目で遠投や全力投球時の痛み消失。

2週間ごとに間隔を空けると、施術前には少し痛みが出てくる。
5回目終了時には、2週間でも痛みが出なくなる。

6~7回は月一回の施術で投球時の痛みは無く、筋疲労の硬さをとり施術終了。

考察

腰の回旋動作が硬く、投球時に腰が回りきらず、肩を過度に後ろに引いていたために肩への負担が増大し野球肩へ繋がった。

右肩が硬くなり首の屈曲回旋動作にも可動域制限が生じている。
肩への施術も当然ながら、負担をかけている腰・首の可動性を戻さなければ、改善スピードも遅くなり再発もしやすい。

施術効果の持続が1~3回は1週間の練習で痛みが戻ったが、4~5回は2週間、6~7回は1ヶ月と長く続くようになり、指導どうり通院されたので早期改善に繋がった。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院

〒569-1123大阪府高槻市芥川町1丁目15-23 ヨシタケビル413号室