症例 ぎっくり腰02 トイレしゃがみ

症例2 30代 男性

来院 2016年11月

症状 ぎっくり腰 右上半身の傾き

ぎっくり腰 上半身右傾き

2日前にぎっくり腰になり、上半身が右に傾いた状態で固定される。

発症日の夕方に、整骨院で鍼・マッサージ・骨盤矯正をしてもらい、その時は良くなったが帰宅後に痛みが強くなる。

トイレでしゃがんだ時に、力が抜ける感じがする。

立ち上がる時に痛み強い。

普段は上半身は真っ直ぐだが、ぎっくり腰になると必ず右に傾く。

2~3年前から左股関節が痛くなる。

10年前、安全靴を履いて仕事をしていたが、片方の靴底が減りバランスが悪くなっても履き続けた結果、2ヶ月に1回の間隔で腰が痛くなり出した。

整骨院では骨盤が歪んでいると言われていた。

施術内容

身体が右に傾いているため、立位で左側屈ができない。

仰臥位・膝立て左に倒すと痛み強い。

座位で腰を前に押すと痛みあり。

右肩外転、100°で右腰に痛みあり。

基礎調整後に左右足関節を調整し、仰臥位で左に膝倒した痛みが軽減。

肋骨が前に下がっている影響で腰に負担がかかっているため、肋骨・鎖骨を調整し上半身の硬さを改善すると、腰椎伸展も改善。

左右の大腿筋膜張筋を調整すると、立位での上半身右傾きも改善される。

考察

上半身が右に傾く変形が強く出ていたので、一回で傾きを改善できるかはわからなかったが、可動域を改善させるごとに、少しずつ改善されていく。

結果的に初回施術で、傾きは少し残るが安静時痛・動作時痛ともに改善。

左股関節に痛みが出ているが、今回は右股関節に硬さが出ていた。

骨盤の傾きを他の整骨院や整体院で指摘されていたが、どこの影響で骨盤が歪んでいるのかを考えていく必要がある。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院

〒569-1123大阪府高槻市芥川町1丁目15-23 ヨシタケビル413号室