症例 オスグッド11 小6 女 クラッシクバレエ

症例11 小学6年生 女性 クラッシクバレエ

来院 2016年10月

症状 両膝オスグッド病 右シーバー病

クラッシクバレエ オスグッド病 シーバー病

1年前から右膝に違和感があるが、施術を受けずに練習を続ける。

練習後のアイシングで対応。

半年前から右膝が練習後に軽い痛み発生し、左膝にも違和感が発生。

3ヶ月前から練習中も両膝とも痛みが発生。

特につま先立ちが痛く、痛みが強くなったら休憩しながらの練習。

入浴後に痛みが増悪する

2か月前、整形外科で「オスグッド」と診断され、しばらくは練習を休むように言われるが、練習を続ける。

整骨院に週1~2回通院し、電気あてたりマッサージを受けるが改善せず。

1か月前からは練習を休んでいるが改善しないため、両親に連れられて来院。

特に右膝の痛みが強い。

クラッシクバレエは小学1年生から始め、週3日レッスンを受けている。

施術内容

立位からの膝の屈曲(しゃがむ)しようとすると、60°が限界。

右踵が力をいれると痛みがあり、軽いシーバー病も発生。

関連する関節を調べてみると右膝の屈曲を制限している原因が、左肋骨の硬さであることがわかった。

左膝の屈曲を制限している原因は、骨盤(仙腸関節)であった。

したがって施術はこの2点に重点をおいた。

基礎調整と頚椎を調整し屈曲すると、痛みが残るが90°屈曲可能に改善。

左肋骨と左肩を調整し、右膝の改善。

骨盤と両足関節を調整し、両膝の改善。

最後に屈曲すると90°まで痛みなくスムーズに出来るように改善。

週2回ペースで来院。

4回目で、屈曲時の痛みが消失し、片足ずつの屈曲は可能だが痛みがあり。

両膝屈曲の痛みが消失したため、練習を再開。

7回目で片足屈曲でも痛みが消失。

考察

クラッシクバレエでは、つま先立ちなど独特の動きやポーズが多く、下半身に負担がかかりやすい。

今回は、「右膝のオスグッド病⇒左膝のオスグッド病⇒右踵のセーバー病」と、練習を続けたことで負傷部位が増えてしまった。

シーバー病に関しては、膝の痛みが強く検査をするまで、自覚症状が無かった。

症状が広がる前に、これからは早めに施術を受けてほしい。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院

〒569-1123大阪府高槻市芥川町1丁目15-23 ヨシタケビル413号室