症例 オスグッド07 中学女 テニス

症例7  中学生 女性 テニス

来院  2016年7月

症状  左膝 オスグッド病(成長痛)

テニス オスグッド病

4月から左膝にオスグッドの症状が出現。

6月後半から右膝にもオスグッドの症状が出現。

テニス部の練習はほぼ毎日。

テニスの練習後に痛くなることが多いが、希に練習中に痛みが出現することもあり。

足を曲げていると痛みが出現するため、伸ばしていると楽になる。

施術内容

初診時の検査では、両足屈伸では痛みが90°で出現するが、最後まで屈曲可能。

左片足屈伸では、120°で痛みがあり屈曲出来ず。

左膝の屈曲を制限している要因を探すと、左右の股関節と左肋骨に硬さであった。

基礎調整後に、両足関節と左アキレス腱を調整し、股関節の硬さを改善。

左手関節・左肘・左肋骨を調整し上半身の硬さを改善。

施術後は、両足屈伸では痛み消失し、片足屈伸では痛みが残る。

一週間後の2回目施術後には、片足屈伸では痛みはありながらも最後まで下ろせる。

3回目は2ヶ月後

2ヶ月間も練習後の痛みは軽減していた。

2ヶ月経過したため、片足屈伸での痛みは少し戻っていたが、施術後は痛みが軽減。

4回目は1ヶ月後

施術後には違和感が残る程度まで改善。

考察

2回までは続けて来院されたため、良いペースで改善されていた。

それ以降は、2ヶ月空いた為改善スピードが遅れる。

期間が空いてる間もクラブをしていたが痛みが軽減していおり安心した。

期間を詰めての来院が理想であるが、様々な理由により難しい場合もある。

今回は1~2ヶ月と間隔が空き、初診日から3ヶ月と期間が長くなった。

だが、合計4回と少ない回数で改善結果が出て安心した。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院

〒569-1123大阪府高槻市芥川町1丁目15-23 ヨシタケビル413号室