坐骨神経痛症状ページ 病名では無く症状名

病名と症状名とは

腰痛

坐骨神経痛とは病名ではなく「症状名」です。

違いが難しそうに思えますが簡単です。

 

「風邪」を例に説明します。

病名が「風邪」で、症状名は「発熱」「頭痛」「咳」「鼻水」等になります。

症状とは、病気の特徴の事と考えて下さい。

風邪 咳

坐骨神経痛は症状名

坐骨神経痛

坐骨神経痛の病名にあたる例を書き出してみます。

・腰椎椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・腰椎分離すべり症

 

これ以外にも多くあります。

坐骨神経の周りにある筋肉(梨状筋)が硬くなって圧迫する梨状筋症候群等です。

脊柱管狭窄症

腰椎分離すべり症

上記が原因となり、坐骨神経周辺の筋肉が硬くなって坐骨神経を圧迫します。

 

坐骨神経が圧迫されると、腰・お尻・足等の様々な場所に痛み・しびれの症状が発生します。

この症状名が「坐骨神経痛」です。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院

〒569-1123大阪府高槻市芥川町1丁目15-23 ヨシタケビル413号室