オスグッド症状ページ 一般的なオスグッドの認識とは

一般的なオスグット病の認識とは?

オスグッド病は成長期の子供に発症する障害。
「成長痛」の中でも多い障害です。

成長痛とは、主に第二次性長期を迎えた子供におこります。
成長ホルモンの分泌量が増加し、急激に身長が伸びる。
筋力が強くなる、などの変化によって身体の各部位に痛みを生じます。

大腿四頭筋  膝蓋骨 膝蓋腱 脛骨粗面 大腿骨 腓骨 脛骨 牽引力 炎症 オスグッド・シュラッター病

太ももの筋肉(大腿四頭筋)は膝のお皿(膝蓋骨)の上を通り、スネの骨(脛骨)に付いています。

膝蓋骨下の付着部分が引っ張られて(牽引力)痛みが発生します。
オスグッド病の診断基準は、痛む部位が限定的な事。

オスグッド病が進行すると膝下が強く引っ張られ続けます。
引っ張られている脛骨粗面部が突出してくる事も特徴です。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院

〒569-1123大阪府高槻市芥川町1丁目15-23 ヨシタケビル413号室