症例 オスグッド03 中学2年生 女性 バスケットボール

症例3 中学2年生 女性 バスケットボール

来院 2016年8月

症状 両膝 オスグッド病(成長痛)

膝の成長痛 オスグッド病 バスケットボール

中学2年生でバスケ部に在籍。

練習はほぼ毎日あり平日は3時間、休日は5時間くらい。

小学5年生からミニバスケ始める。
一年前から右膝に違和感があり。

整骨院に週1回程度通院し、練習を休まず続けていると、半年前から左膝にも違和感が出現。

2ヶ月前から両膝に痛みがあり。
右膝のほうが痛みが強い。

2か月前は練習後に痛くなるだけだったが、最近は練習中も痛みが発生し走れなくなってきた。

整形外科で成長痛(オスグッド病)だから、痛みがなくなるまで練習を休んで安静にと言われ、休みたくないので来院。

施術内容

初診時の検査では、両膝屈伸が両膝とも屈曲120°で痛みがあり、曲げれない。

正座は、踵とお尻が拳ひとつ分の隙間有り。

右膝に負担をかけている要因を検査すると、左肋骨、腰の右回旋に反応。

左膝に負担をかけている要因を検査すると、左股関節、両足首で反応。

基礎調整で、両膝屈伸が100°ぐらいと少し曲げれるように改善。

左肋骨・腰・左股関節・両足首の調整後に膝の調整と機械で膝を動かして終了。

最後に屈伸すると90°くらいまで曲げれる。

正座が痛みはあるが、踵とお尻がつく。

練習を続けながらの施術になり、週1~2回の来院。

2回目は3日後で、施術前の屈伸、正座が少し戻りかけていたが、初回の施術前よりは良い。

施術後は、正座が痛みなく出来る。

3回目、両足屈伸が下までいくが、少し痛みが残る。
練習中の痛みがマシになってきた。

5回目、両足屈伸は痛みないが、片足屈伸が左右とも痛みあり。
練習後の痛みが無くなる。

7回目、片足屈伸で左は痛みも違和感も無いが、右はまだ違和感が残る。
練習中は違和感を感じるくらい。

8回目、3週間空けたが、右の片足屈伸も違和感なし。
練習中も練習後も痛みも違和感も無し。

考察

バスケットボールは、ずっと動き続け、ダッシュや切り返し、ジャンプ、腰を落としてのディフェンスと膝への負担が大きいスポーツ。

違和感が一年前から、初回来院時は両膝とも痛みが強い状態だったが、早い段階で痛みが改善していくのを実感してもらえた。

練習しながらの施術だったが、最初は痛みが出たときは少し休憩したり、軽めの別メニューで対応。

4回目以降はほぼ、みんなと同じ練習。

オスグッドのほとんどがスポーツを頑張っている子供なので、練習を休みたがらないが、少しずつ改善していく。

大阪・高槻スポーツ整体 ぎの整体院

〒569-1123大阪府高槻市芥川町1丁目15-23 ヨシタケビル413号室