シンスプリント

他院で改善しないシンスプリントはスポーツ整体で早期改善 認定スポーツ医の推薦状

他院で改善しないシンスプリントはスポーツ整体で早期改善 認定スポーツ医の推薦状

こんなシンスプリントのお悩みはありませんか?

  • すねの内側が痛む
  • ジャンプすると痛む
  • 走ると痛くなる
  • 整骨院に通っても改善しない

ランナーに多いスポーツ障害

それが、シンスプリント

 

痛みがキツくなると、練習が出来なくなったりと大変です。

 

先ずは、当院のシンスプリント施術をご覧下さい。

シンスプリント 初回施術 高校生 バレーボール

3年前からシンスプリントの高校3年生。

施術前はシンスプリント側の片足屈伸が力が入りづらい。

施術後はスムーズに片足屈伸が出来ます。

※「免責事項」施術による効果には個人差があります。
万人への効果を保証するものではありません。

シンスプリントとは?

シンスプリント 疲労性骨膜炎 前脛骨筋広範囲 脛骨 前脛骨筋 腓骨 長母趾伸筋 脛骨下側3分の1 腓腹筋 ヒラメ筋 アキレス腱 後脛骨筋 長指屈筋

シンスプリントとは、

走ったりする動作を繰り返す事により、

スネの筋肉に痛みや違和感が出る症状です。

 

このように同じ動作の繰り返しで痛みが出ることを

「オーバーユース症候群」

と言います。

直訳すると「使い過ぎ」

 

スネを打った等の大きな衝撃があったわけではありません。

着地ごとに小さな衝撃が積み重なって、痛みが発生します。

 

シンスプリントはこんな施術では改善しない

  • 整骨院でのマッサージ
  • 整骨院での電気施術
  • テーピング
  • サポーター
  • アイシング

主にスネの内側が痛くなるシンスプリント。

一般的なシンスプリント施術は上記になるでしょう。

しかし、整骨院や整体院に通って施術を受けても…。

 

シンスプリントが改善せず、練習が出来ない。

 

改善していれば、このHPも読まれていないでしょう。

痛い箇所が悪いわけではない!!

シンスプリントでスネの内側が痛くなり整骨院へ。

電気・マッサージはスネの周辺だけ。

それだけでは、足りないのです。

 

筋肉は全身が繋がっています。

その繋がりを考えて施術しなければ改善しません。

 

身体の痛みは全体の繋がりを考えて施術を行わなればなりません。

痛い箇所だけを揉んだりするのは、素人でも出来ます。

私はプロとして、全身の繋がりを考えて施術を行っています。

ランニングとは

走る事は、様々な関節が動きます。

下半身の大きな関節だけでも図のようになります。

 

地面からの突き上げ

上半身の重み

が、衝撃として脚に伝わります。

 

この衝撃がどこに1番大きくかかるかで、痛くなる箇所が決まります。

 

つまり、スネの筋肉に負担が大きくかかれば、シンスプリントとなるのです。

他院と当院の違い

他院は、シンスプリントでスネが痛ければスネ周辺の施術。

 

当院は、痛いスネ周辺だけでなく、全身のバランスを調整

シンスプリントでも全身の調整を行うからこそ、他院と違う結果が出ます。

 

冒頭のシンスプリント施術の2回目動画をご覧下さい。

初回よりも、片足屈伸がスムーズになっています。

 

脚だけでなく、全身を施術しているのを確認して下さい。

シンスプリント 2回目施術 高校生 バレーボール

3年前からシンスプリントの高校3年生。

施術前はシンスプリント側の片足屈伸が力が入りづらい。

 

前回施術から4日後に来院。

施術前の片足屈伸も、初回施術前よりはスムーズ。

前回よりも、シンスプリントが改善しているのがご覧いただけます。

※「免責事項」施術による効果には個人差があります。
万人への効果を保証するものではありません

足の関節だけでも大きな影響

足関節には、多くの筋肉・靭帯が付着しています。

 

足関節の動きが悪ければ、地面からの衝撃の吸収作用が弱まります

そうなると、スネにかかる負担が増加

シンスプリントへの可能性も高くなります。

 

他院では、理論は理解していても施術力が無い。

だからこそ、説明出来ない事も多い。

 

当院では、施術もに自信があります。

足首の調整だけで、野球肩で上がらなかった肩が上がったりも。

「免責事項」施術による効果には個人差があります。

万人への効果を保証するものではありません。

 

 

このように、足首の調整だけでも身体は大きく変化します。

 

離れている肩の症状がここまで改善するのであれば…。

当然、近いシンスプリントの施術にも重要です。

 

このような施術力が他院では難しいため、改善しないのです。

なぜ、ソフト整体が効果的なのか

整体のイメージはボキボキと怖い?

 

ご安心下さい。

当院の施術は、動画の通りソフト

怖さも痛みもなく受けていただけます。

 

ソフトなのにシンスプリントに効果が出るのか?

 

ソフトで整体する理由を、私の講演動画で説明しています。

簡単に要約します。

 

身体は、外からの刺激に対しては守ろうとします。

守リ方は筋肉を硬める

 

シンスプリントの痛みは、スネの筋肉が硬くなっているため。

施術の目的は、その筋肉を緩める事。

それなのに、刺激を与えて硬くしてしてまっては…。

筋肉が硬くなってしまう。

 

身体の防御反射が起こさないための、優しい施術です。

 

当院がお客様に選ばれる5つの理由

理由その1

整形外科医の先生かもご推薦いただいております。

シンスプリントで、整形外科を受診された方もおられるでしょう。

当院の整体法は整形外科医からの推薦状があり、効果は保証されています。
医療法人社団 快晴会 理事長  朝長 昭仁 先生
順天堂大学非常勤講師 認定スポーツ医
日本整形外科医専門医

 

朝長先生は、整形外科専門医であり、

スポーツに特化した、認定スポーツ医です。

スポーツ障害のシンスプリントもお任せ下さい。

理由その2

国家資格の柔道整復師

柔道整復師

「整体院は無資格だから怖い」

と思っていませんか?

 

ご安心ください。

国家資格の柔道整復師です。

 

簡単に言えば、整骨院の資格。

 

国家試験では、解剖学・運動学も含まれています。

 

スポーツ障害のシンスプリントもご安心ください。

理由その3

ゴルフトーナメント大会公認トレーナー経験

プロスポーツトレーナー協会 公認トレーナー

日本最大級ゴルフトーナメント

ダンロップフェニックストーナメント

 

プロスポーツトレーナー協会メンバーとして

大会公認トレーナーの経験があります。

 

1人の選手ではなく、多くのトップ選手を施術させていただきました。

多数の選手が施術を受けに訪れる。施術を受けたルークドナルド選手が優勝

理由その4

600人以上所属の整体協会 技術インストラクター

整骨院・整体院は本当に多い。

どこが技術が高いのか迷うでしょう。

 

技術インストラクターとして、整骨院・整体院の院長等のプロを指導してきました。

プロにも支持される技術で、シンスプリントにも効果的です。

 

 

 

理由その5

雑誌やメディアに掲載

「整体院は保険が利かない」

どうしても高いと思われがちです。

「効果が無ければどうしよう」

と、躊躇してしまう方も多いでしょう。

当院は初回返金保証がありますので、ご安心下さい。

初診料8000円

この料金が高いのかは施術を受けた後の変化で判断して下さい。

施術時間が短いほうが、身体に無駄な負担がかからず効果が高いと考えています。

施術時間は短時間となりますが、可動域改善には自信があります。

初回は説明もしっかりさせてもらいますので、
60分~90分位かかります。

当院では、初回の方で可動域が変化せず満足できなければ、
全額返金保証付

施術料金支払い時に、「満足できない」 と言って下さい。
これで、躊躇せず整体を受けられますね。

しっかりと改善を目指したい方のご連絡をお待ちしています。

下記の方は当院には合いません。施術はお断りしております。

  • 強い刺激が欲しい人
  • 施術時間を長くして欲しい人
  • 揉まれて気持ちよくなりたい人
  • 1回だけで完全に改善したい人

ご予約方法

電話女性

お電話にてご予約を承っています

一人施術院のため、外出時・セミナー中、トレーナー活動等で、電話に出れない事もあります。
その場合は、留守番電話に施術希望のメッセージをいただければ、折り返しご連絡させていただきます。

「お電話ありがとうございます。ぎの整体院です。」
と電話に出ますので
「予約を取りたい」
とおっしゃって下さい。

  • 症状
  • お名前
  • ご希望日時

をお申し付け下さい。

072-668-5725

メール・LINE予約

お気軽にメール・Lineからのご予約も可能です。

  1. 症状
  2. お名前
  3. ご希望日時

を教えて下さい。
ご質問だけでも大丈夫です。

時間外でも、お気軽にご連絡下さい。

LINEで予約する

ご来院について

駐車場・駐輪場はございません。

近隣のコインパーキング等をご利用下さい

看板は出ていませんが、ビルの4Fになります。

入口から入ってエレベーターで上がって下さい。

 

※ご予約時間より10分以上早いご来院はお控え下さい。

シンスプリントに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加