坐骨神経痛の痛み・しびれ部分が人により違う理由とは?

高槻スポーツ整体 ぎの整体院です。

 

当院に来られる症状でも多いのが「坐骨神経痛」。
お尻だけが痛かったり、足の指までしびれたり…。

坐骨神経痛と言っても症状は様々。
なぜ、人によって症状が違うのでしょうか?

最後まで読めば。その疑問もスッキリしますよ。

坐骨神経痛

坐骨神経とは

坐骨神経

坐骨神経痛の事を知るためには、「坐骨神経」について。
「坐骨神経」が痛むから「坐骨神経痛」ですからね。

坐骨神経は図のように、骨盤(お尻)から出ている太い神経です。
左右ともにあるので、身体には2本の坐骨神経があります。

 

整骨院に坐骨神経痛で行くとお尻をマッサージする理由がわかりましたね?
この坐骨神経を狙っているのです。

でも、坐骨神経を直接マッサージしているのではありませんよ。

坐骨神経周辺の筋肉とは?

坐骨神経痛 梨状筋 

骨盤から出ている坐骨神経は多くの筋肉に囲まれています。
主要な筋肉が図の梨状筋・双子筋・閉鎖筋です。

この坐骨神経周辺の筋肉が疲れてくると硬くなってきます。
硬くなるとは、縮まって太くなる事。

 

力こぶを出してみて下さい。
腕の筋肉(上腕二頭筋)が縮まって太くなり、力こぶの完成。
力こぶを触るとカチカチに硬くなっています。

力こぶ

坐骨神経痛は坐骨神経周辺の筋肉が縮まって硬く太い力こぶ状態になっています。
太く硬い筋肉が坐骨神経を圧迫して痛みやしびれを起こしています。

坐骨神経は太く長い神経で枝分かれして足の様々な場所を支配しています。

つまり、坐骨神経の圧迫部位により痛みやしびれが出る部分が違ってくるのです。

坐骨神経痛の痛みやしびれが違う理由が理解できましたか?

坐骨神経痛改善はお任せ下さい

整形外科・整骨院・整体院で改善しなかった坐骨神経痛もお任せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加